2018年05月05日

石垣島ぶらぶら(南十字星)

今回の目的の一番はこれでした。

いくつかの場所から、一番南で駐車場が広くトイレがあるという理由でサザンゲートブリッジを渡った人工島の公園へ。
これが失敗。
確かに南側は開けていますし、快晴なら南十字星は見えます。

駐車場からちょっと小高くなったところへカメラをセット。
南中時刻(星座が一番南に来る、一番見やすい時刻)が23時ちょっとなので21時頃から待機。

22時頃から南十字星の一番上の星を確認。

もうすぐかなぁとか思いながら待っていると、ミニバンに乗った中国人家族が降りてにぎやかに歩いてきます。
わいわいがやがや言いながら目の前の下の方を通過。

こんな時間に散歩とかするんや。
とか思いながら見ていると、ちょっと通り過ぎたあたりのベンチ付近で立ち止まり何やらごそごそ。

そしていきなり明るくなったかと思うと、闇を照らすように手持ち花火を振りながらキャーキャー。

また悪いことにこちらが風下なんで煙がカメラの前を通過(-_-;)

そしてこのキャーキャーが23時まで続きました。

なんだかなぁ。

そんな中で撮ったのがこれ。





南十字星に見えるでしょ。

だがしかし・・・
この一番下に見えるのは「航路灯」と言われるもので、残念ながら星ではありません。

時間を変えて撮ったのがこれ




残念ながらすべてを見ることができませんでした。
また機会があれば挑戦します。

もちろん別の場所で(・∀・)

  


Posted by マリーナきみ at 17:43Comments(0)南の島

2018年04月28日

石垣島ぶらぶら(明石)

石垣島で明石(あかいし)といえば明石食堂が有名ですが、ここに隠れ展望スポットがあります。
明石パラグライダーテイクオフポイント。

行き方はこちらに詳しく書かれています。
http://yaeyamabreeze.ti-da.net/e1876936.html

看板はありませんが、電線が山向いて延びている脇道を進みます。
途中にゲートがありますが、開けて入っていきます。
もちろん開けたら閉める(^^)
でないと牛が逃げ出します( ゚Д゚)

しばらく急坂を登ると行き止まりに5台ほどの駐車場。
そして芝の上に立つと・・・
(・∀・)
なんじゃこりゃ~!!!





いつまでも眺めていられます。
わたし的には一番の絶景スポット。

車で気軽に行ける絶景ポイントなのでぜひお立ち寄りを。


  


Posted by マリーナきみ at 15:06Comments(0)南の島

2018年04月26日

石垣島ぶらぶら(於茂登岳)

「石垣まで行ってなんで山登りやねん」
という方はスルーしてください(^^)

於茂登岳(おもとだけ)。
沖縄県最高峰の山です。
標高525.5m。
お手軽登山にぴったり。

舗装路から地道を少し走ると数台置ける駐車スペースがあります。
そこからスタート。
体力に不安がある人には杖が置いてあります。

登りは1時間ちょっと、ゆっくりでも2時間あれば十分登れます。
とはいえ山道なので最低でもスニーカー、水分も要持参。
この日は外人さんも登ってました。

ただ、頂上からの景色は最高かというと「それほどでも」というのが正直なところ。
あまり開けていないので、海が見える方向は限られています。


景色なら「野底マーペー」の方が開けている分感動します。
30分もあれば登れるし。



沖縄最高峰にこだわる人は於茂登岳。
山からの景色にこだわる人は野底マーペー。

かな?

もちろん一日で両方登れます(^o^)





  


Posted by マリーナきみ at 20:41Comments(0)南の島

2018年04月25日

石垣島ぶらぶら(ヤエヤマホタル)

4月、5月に石垣島を訪れる機会があればお勧めします。

持っていくものとしては懐中電灯かマグライトがあれば安全に戻れます。
最悪スマホのライトでもなんとかなるかな。
写真を撮るなら三脚も。

場所はまずバンナ公園西口Dゾーン上部の突き当りにある駐車場へ。
少なくとも日没1時間前には着いてください。
トイレを済ませて注意書きを読んで出発。

まずは少し下って左へ行きますが、ここの三差路をよく覚えておくこと。
暗くなった帰りにここを右に曲がらずまっすぐ進んで戻って来る人を見かけました。
間違えやすいポイントです。

曲がってからはジャングルのような中の歩道を、橋を渡ったり下ったり登ったり約15分で橋の見える東屋へ到着。
椅子もあるのでここで日没まで待機、撮影準備。

撮影の目安はピントはマニュアル、絞りは2~3段程度、シャッタースピードは20~30s、感度は6400か12800、AF補助光はOFFに。
まぁこの辺はカメラの性能にもよるので事前に試し撮りを。
間違ってもストロボなんか光らさないように!

比較明で数十枚合成するなら近くの歩道から薄暗いうちに数枚撮って待機。
ヤエヤマホタルは点滅が早いので、数秒の合成より数十秒露出でも点滅がきれいに写ります。

そして日没からしばらくするとあちらこちらから光の点滅が。
来た道を戻るように歩くといろんなところで光りだします。

そしてこのホタルの点滅、日没から40分程度で終わってしまいます。
なので撮影は素早く落ち着いて。






暗くなって点滅がなくなってきたら撤収。
懐中電灯を照らして戻ります。
真っ暗で非常に不安になりますが、あの三差路さえ間違わなければ大丈夫。
早い目に戻らないとジャングルのような場所の暗闇で鳥が羽ばたいたり動物の鳴き声が聞こえたり、かなり怖い思いをします。

子供さんはホタルを手で捕まえていましたが、それほど近くを飛び回っています。

以上、お子さまが喜ぶ春の石垣島のおすすめスポットでした^ ^  


Posted by マリーナきみ at 20:58Comments(0)南の島